CATEGORY 物質と化学結合

イオン結合、イオン結晶、共有結合と分子、分子とその利用、分子の極性と分子間力、分子結晶と共有結合の結晶、金属結合と金属、金属の利用、粒子の結合と結晶から入試で聞かれやすく、つまづきやすい内容について解説しています。

【図解】水素結合とは?フッ化水素、水、アンモニアの強さと沸点の順番が違う理由まで

水素結合とは特に電気陰性度が非常に大きいF,O,N原子とH原子の場合にはたらく極性引力のことです。そのため、フッ化水素,水,アンモニアは小さい分子量にも関わらず大きな沸点を示します。そして電気陰性度の差がフッ化水素>水>アンモニアなのに、沸点の順番が水 > フッ化水素 > アンモニアとなる理由について詳しく解説します。

【完全版】化学結合の一覧まとめ!結合の種類と強さを具体例と練習問題で解説

【練習問題付き】共有結合、配位結合、イオン結合、金属結合、ファンデルワールス力、極性引力、水素結合、分子間力、クーロン力(静電気力)の違いと、物質を構成している結合が何かを答える練習問題を徹底解説します。解説担当は、灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師です。

【図解】黒鉛(グラファイト)とダイヤモンドに違いが生じる理由と性質

共有結合の結晶(共有結晶)であり同素体であるダイヤモンドと黒鉛は、価電子4つのうち、結合に使われている電子の個数が異なります。その構造の違いから機械的性質、電気伝導性、もちろん見た目から性質が全く異なります。図を使いながらできるだけ詳しく解説します。

【アニメーション解説】分子間力(ファンデルワールス力・極性引力・水素結合)とは

【アニメーション解説】分子間力とはファンデルワールス力、極性引力、水素結合の3種類があります。それぞれの違いや仕組み、性質を細かく解説し、ファンデルワールス力が分子量が大きく枝分かれが少ないほど強く働く理由について詳しく解説します。

【完全版】極性分子と無極性分子の考え方:分子の形と一覧をアニメーションで完全解説

【アニメーション解説】極性分子か無極性分子かの判断は、結合自体の極性を電気陰性度をもとに考え、その後分子の形から重心の一致か不一致かを確認して判断しなければいけません。本記事では、結合の極性の有無の考え方、なぜ分子が正四面体、三角錐、折れ線、直線、正三角形になるのか、重心が一致するのか不一致するのかをすべて丁寧に解説し、自分自身で極性分子か無極性分子かを判断できるようになってもらいます。

【完全版】イオン結晶・金属結晶・分子結晶・共有結晶の違いをアニメーション解説+練習問題で完璧に

【アニメーション・練習問題付き】イオン結晶・金属結晶・分子結晶・共有結合の結晶(共有結晶)の違いを説明できますか?本記事では、それぞれの結晶でよく出題される特徴の解説と、どの結晶に分類されるかを選択する問題の解き方を具体例(入試問題)とともに詳しく解説します。

【図解】イオン結合とは?共有結合との違いと組成式・分子式を解説

イオン結合は陽イオンと陰イオンとの間に働く静電気力(クーロン力)により生じます。入試で出題頻度も高いイオン結合と共有結合の違いとは何で、どのように見分けるのか、組成式と分子式の違いについて具体的かつ丁寧に解説します。