CATEGORY 物質の構成

純物質と混合物、混合物の分離、単体と元素、状態変化と熱運動、原子、電子配置とイオン、周期表から入試で聞かれやすく、つまづきやすい内容について解説しています。

【完全版】混合物の分離法の見分け方まとめと練習問題3問の解説

【練習問題】そもそも混合物の分離と精製の違いについて解説したうえで、「ろ過・蒸留・分留・再結晶・抽出・昇華法・クロマトグラフィー」という受験生が混乱しがちな分離法の見分け方をまとめ、具体例として入試問題を3問解説します。

【練習問題付】元素・単体の違いを見分けるとっておきの方法を解説

元素とは、物質をつくる基本的な成分であり、単体というのは、1種類の元素からなる物質のことです。問題文中で見分けるとっておきの秘訣があります。実際の入試問題3問を示しますので、自分で解いてみて解説を見て「元素」と「単体」の違いを説明できるよう完璧にしましょう。

【図解】イオン半径(イオンの大きさ)の周期表での大小関係とその理由を徹底解説

イオン半径(イオンの大きさ)の比較も、イオン化エネルギーや電子親和力、電気陰性度や原子半径と同様に「電子を引きつける強さ」をもとに、同じように統一して考えることができます。本記事ではイオン半径の大小の理由を中心に、希ガスとの比較が無意味である理由についても解説します。

【図解】原子半径(原子の大きさ)の周期表での大小関係とその理由を徹底解説

周期表における原子半径(原子の大きさ)の大小関係も、イオン化エネルギーや電子親和力などと同様に、「電子の引き付け度合い」というキーワードをもとにすることで同じような理屈で考えることができます。本記事では原子半径の大小の理由について具体的かつ丁寧に解説していきます。

1 3