【具体例】弱酸の遊離と弱塩基の遊離とは?

「弱酸の塩に強酸を加えた場合、弱酸が遊離する」や「弱塩基の塩に強塩基を加えると、弱塩基が遊離する」というのは、どういう仕組みなのでしょうか。本記事では、無機化学や有機化学でも頻出な「弱酸遊離」「弱塩基遊離」について、具体例を交えながら解説していきます。

【図解】塩の加水分解と塩の種類と分類・液性を解説

正塩とは、化学式中に、電離によってH+になることができる酸のHや、OH−になることができる塩基のOHが残っていない塩のことであり、逆に酸性塩や塩基性塩はHやOHが残っている場合の塩のことです。あくまで形式的な分類であって、その塩を溶かした水溶液の液性を示しているわけではありません。液性を考えるためには加水分解を理解しておく必要があります。本記事では、このあたりを詳細に解説していきます。

【練習問題付】中和反応とは?化学反応式と計算問題の解き方

中和反応または中和とは、酸と塩基が反応したとき,酸から塩基へ水素イオンが移り,互いの性質が打ち消されることです。塩酸、酢酸、シュウ酸、炭酸などの酸と、アンモニア、水酸化ナトリウムなどの塩基(アルカリ)を用いた中和反応の化学反応式の書き方と具体例と基本的な計算方法を解説したうえで、実際の練習問題を通して、自分で解く力をつけましょう。

【練習問題付き】水のイオン積とpHとpOHの計算法

水は共有結合の化合物で、イオン結合の化合物と異なり、イオンに分かれません。しかし、水の場合は例外的にごくわずかの水素イオンと水酸イオンとに電離します。水のイオン積とは水溶液中での水素イオン濃度と水酸化物イオン濃度の積のことです。本記事では、水のイオン積を用いた、水素イオン濃度や水酸化物イオン濃度の計算法、pHとpOHの計算法について練習問題とともにわかりやすく解説します。

【完全版】酸・塩基の価数の意味・覚え方・一覧と多段階電離

酸の価数とは、酸1分子が出しうる水素イオンH+の数のことであり、塩基の価数とは塩基1化学式が出しうる水酸化物イオンOH-の数または受けとることができる水素イオンH+の数のことです。本記事では、価数の覚え方、多段階電離との関連性、間違いやすいアンモニアと酢酸の価数の注意点、入試必出の価数の一覧についてわかりやすく解説します。